2021-06-09

A Call Back from the Other Side あの世からの折り返し電話


A couple of blog entries ago, I wrote about pretending to call my grandma who passed away. 

Well, she called me back. 

Before the "call back," there were a couple of attempts leading up to it. 

For instance, two days after my grandma's funeral, when I was about to fall asleep, I heard her voice calling me, "Akari-chan, Akari-chan," just the way she used to call me. I felt like she was right there. 

To her voice, I responded in my mind, "Grandma?" 

A part of me knew that I needed to stay in the half-asleep space or at the wavelength if I wanted to continue the dialogue, but I guess I had not practiced such skill enough. :-) My mind surfaced, and I fully woke up. I did not hear her anymore, but my heart was warm, feeling her invisible yet continuous existence watching over me. 

Then three weeks after her passing, I had a dream. 

In it, my phone was ringing, and without checking who was calling, I answered. To my pleasant surprise, it was my grandma. She said, "Hi Akari-chan." 

In the dream, I also knew that she had passed away. I excitedly said, "Grandma! Oh, it's SO nice to hear from you. How are you doing on that side?" 

She thoughtfully responded, "Fine, fine," and then playfully said, "I'm starting to understand how things work on this side!" 

My grandma had such a curious mind. She was fascinated to know how things work. If something broke, she wanted to try fixing it. After I came to Maui, she even started to learn some English words on her own from a book! 

I thought that her answer was so her! Her admirable curiosity was intact, and whatever it took her to "call me," she managed to do it! 

I responded, "Oh, I am so glad to hear that." 

She sounded happy and content. I don't remember anything after that, but it was enough. I stayed in bed, immersed in the echo of her voice. 

Then I came to understand that she called me back to my pretend call. She must have seen me calling her and thought, "Well, I better figure out a way to call her back."

Again and again, my heart is full of appreciation toward her and love from her, and my eyes easily fill up because of those feelings. 

Oh, life!

-----------(Japanese)----------


二つ前のブログで、亡くなったおばあちゃんに、出ないことを承知で電話をしたことを書きました。 

それからなんと、おばあちゃんから折り返し電話がありました。 

その「折り返し電話」の前に、おばあちゃんから何回かの試みがありました。 

例えば、おばあちゃんのお葬式の二日後のことです。布団に入って、「あぁ・・・眠りに落ちるぞぉ・・・」というあの独特の空間に入ったとき、「あかりちゃん、あかりちゃん」と、おばあちゃんの声がしました。まるですぐそばにいるように。

その声に、私は心の中で 「おばあちゃん?」と答えました。 そしてそのまま会話を続けるには、半分眠っているような状態で波長を合わせなければならないと思ったのですが、そういった練習が足りなかったようで、私の意識は浮上し、完全に目が覚めてしまいました。

おばあちゃんの声はもう聞こえませんでしたが、目に見えなくとも存在し続けている祖母の魂に見守られているようで、心が温かくなりました。 

そしておばあちゃんが亡くなってから3週間後、夢を見ました。

夢の中で、私の携帯電話が鳴っていました。手を伸ばし誰からの電話か確認せず出ると驚いたことに、おばあちゃんからの電話でした。

「あかりちゃん 」とまたおばあちゃんは話しかけてくれました。 夢の中でも、おばあちゃんが亡くなっていることは分かっていました。でも久しぶりにおばあちゃんの声が聞けてうれしい私は、「おばあちゃん!?」と答えました。

「おばあちゃん、元気?そちらの方はどうですか。」と言うと、おばあちゃんは「うんうん、大丈夫よ。だいぶこっちの仕組みが分かってきたよ〜。」と茶目っ気たっぷりに言いました。

おばあちゃんは、好奇心のある人でした。物の仕組みを知りたがり、何か壊れればそれを自分で直してみる人でした。私がマウイに来てからは、本を読んで英単語を学ぼうともしていました。

なので電話での答えは、おばあちゃんらしいと思いました。おばあちゃんの好奇心と探究心をもって、なんとかあちら側から私に電話をする方法を見つけてくれたようです。

私は「そっかぁ。それはよかった。」と答えました。

おばあちゃんの声は元気そうで、幸せそうでした。その後何を話したか何も覚えていないのですが、それだけで十分でした。夢から覚めた後も布団の中で、しばらくおばあちゃんの声の響きに浸っていました。

そして遅ればせながら気付いたのです。おばあちゃんが折り返し電話をしてくれていたことに!きっと、私がおばあちゃんの家に電話をするのをあちら側から見ていたのだと思います。そして「こりゃ折り返し電話してあげにゃ」と思ってくれたのだと。

私の心はまたしてもおばあちゃんからとおばあちゃんへの愛でいっぱいになり、その気持ちは私の目をぬらすのでした。

あぁ、生きるって!